任意整理に必要な書類

借金の任意整理に用意する必要書類とは?

消費者金融などのローンが膨らみ、とうとう毎月の支払いが払いきれなくなったらどうしますか?借金を一つにまとめる『おまとめローン』のようなものもありますが、そのようなローンを新たに組むこともできない(審査落ちなど)場合、任意整理を考えてみてはいかがでしょうか。

任意整理をすると、今後の利息を免除してもらい、以前支払ってきた利息を元金に当ててもらうことができます。元金のみ返済するかたちになりますので、任意整理する前に見込んだ返済期間よりはるかに短い期間で完済することができます。返済の負担が軽くなる反面、信用情報機関には事故情報として登録されますので、ブラックリストに載ることになります。

任意整理の依頼は弁護士や司法書士へするのが一般的です。必要になる書類は、身分証明書・債権者リスト・借入時の契約書や利用明細などの債権者ごとの借入明細・家計簿・住民票・クレジットやローンカード・給料明細・通帳・印鑑などで、細かいものは依頼した事務所にもよります。特別変わった書類は必要でなく、勤め先や家族に任意整理をする承諾や証明書などをもらう必要はありません。個人的に問題解決できるので、裁判所や役所などの公的機関を通すこともありません。弁護士や司法書士に依頼するに当たり費用は若干かかりますが、ほとんどの事務所で分割返済に対応しています。

任意整理をしても借金の返済は続きますが、弁護士事務所などが間に入ることで債権者との直接の関わりがなくなるので、それだけでも気が楽になるのではないでしょうか。また、交渉に入った時点で債権者からの催促・督促・取り立てなどの請求は来なくなります。